【医師監修】50代女性にオススメの美容に良い食品11選!更年期障害のイライラも改善

50代食事

50代に入ると、女性の身体には様々な不調が訪れます。更年期障害は次第に落ち着いていきますが、髪や肌など見た目の問題、ちょっと動いただけで疲れやすくなる、骨や関節に痛みを感じる、といった、若い頃には無かった変化が現れ始めるでしょう。

とはいえ、まだまだ50代。ガンなど、大きな病にかかってしまう例は、まだそれほど多くありません。

それよりも、身体の細かな不調が気になる年代ですから、食生活の見直しで元気な自分を保っていきましょう。

<この記事の専門医>

本間先生

2007年岐阜大学初期研修、内分泌内科を中心に病理解剖等を研修、2009年岐阜大学第三内科勤務。本間郁穂先生

1.老化を防ぎたい女性が取るべき食品

まだまだ元気に働いている方や、子育てがひと段落して自分のための時間を楽しみたい方など、幅広い生き方が待っている50代。老化を防ぐ食材を積極的に取り入れて、健康かつ女性らしい見た目を保ちたいですね。

エビ

全身の不調を整えながら、活力を与えたいなら毎日の食事にエビを取り入れてみましょう。抗酸化作用が高いエビは、生でも、揚げても、茹でても、焼いても美味しく、飽きずに続けられる点もおすすめですね。

冷凍しておけば、いつでも料理へ加えられるため、美味しくキレイを目指すのに欠かせない食材です。

かぼちゃ

老化の大敵である活性酸素を抑制するなら、かぼちゃに含まれるビタミンEにも注目です。

かぼちゃは、食事だけでなく、デザートとしても楽しめる優秀な食べ物。プリンやケーキ、スイートポテチト風など、様々なアレンジで楽しんでみましょう。

2.若々しい肌を取り戻したい女性が取るべき食品

「50代を過ぎてから、特に肌の老化が気になる……」

そんな女性も、食生活の見直しから始めましょう。特に、オイル選びは重要です。

オリーブオイル

炒める、揚げる、和えるなど、毎日使用するオイルですから、手ごろな価格のサラダ油を使い続けるのではなく、純度の高いオリーブオイルを使うと老化防止になります。

すね肉

不足しがちなコラーゲンは、すね肉から補給しましょう。

時間をかけて、柔らかく煮ることでコラーゲンを多く摂取できます。シチューやカレー、ポトフ、ワイン煮込みなど、洋風の煮込み料理にぴったりのスープですから、寒い時期は定期的に食卓へ登場させたいですね。

ピーマン

煮込み料理はちょっと……と、敬遠したくなる夏場は、夏野菜であるピーマンを食べるようにしましょう。豊富なクロロフィルが、抗酸化作用により肌の老化を防止してくれます。

サラダにしたり、炒めてポン酢と和えたりなど、さっぱりメニューが豊富なため、暑い時期でもどんどん食べられますよ。

長時間加熱すると成分が変化してしまうのであまり火を加えすぎないように、また、細かく粉砕することも細胞壁を破壊するのでクロロフィルの吸収を高めます。

3.髪質を改善したい女性が取るべき食品

50代は髪の毛の量が少なくなったり、年齢独特のうねりが気になり始めたりする時期。

アラフィフからは、髪へ栄養を与えてくれる食材や、髪質を改善してくれる食材を、意識して摂るようにしましょう。

ヒレ肉

髪の毛へ良質なタンパク質を補給するなら、ヒレ肉がベストです。脂身がなく柔らかい部位のため、「だんだんお肉が苦手になってきた……」という50代女性でも気軽に食べられます。

シンプルにステーキにしたり、ヒレかつにしてボリュームアップしたりなど、食べ方を色々選べる点も嬉しいですね。

ごま油・亜麻仁油

「最近、髪質が変わってきた……」

と悩んでいるなら、油を変えてみましょう。ごま油や亜麻仁油は、年齢を重ねた髪へ生き生きとした輝きを取り戻してくれる効果があります。

料理が苦手な女性でも、毎日の油を変えるだけで取り入れられるため、ぜひ試してみて下さい。

4.血糖値を正常化したい女性が取るべき食品

50代を超える頃から、健康診断や病院を受診した際に、「血糖値が高い」と指摘される女性が多くなります。

血糖値問題は男性が悩まされるもの、というイメージが強いかもしれませんが、フルーツやスイーツを好む女性の血糖値にも注意が必要です。

雑穀

糖尿病を引き起こしてしまう前に、未然に予防したいなら、主食を雑穀に変えてみましょう。

ヒエ、モチ、アワといった雑穀を混ぜて炊いたごはんを食べ続けることで、血糖値が正常化していきますよ。主食6割、おかず4割のカロリーバランスが推奨されています。

5.将来のボケ防止を行いたい女性が取るべき食品

「最近物忘れが多い……」

そんな声が多く聞かれるようになる50代。まだまだ若いつもりだけれど、記憶力に自信がなくなってきた、という女性が多いのではないでしょうか?

白米

「将来絶対にボケたくない!」という思いがある方は、ちゃんと白米を食べるようにしましょう。

糖質制限やダイエット、量が食べられなくなってきた、などの理由で主食の白米を抜く女性が増えていますが、実は白米こそが効率よく頭脳劣化を阻止してくれる食品です。

肥満が気になる場合は少量でも構いませんから、毎日の白米習慣を続けるようにしましょう。

6.新陳代謝を高めたい女性が取るべき食品

若い頃より太りやすくなった、身体の冷えを感じるようになった、むくみやすい。

そんな不調を感じているなら、新陳代謝が下がっているかもしれません。新陳代謝は年々下がっていくものですが、代謝をアップしてくれる食材を取り入れることで、50代からでも高めることができますよ。

ニラ

エネルギー代謝向上に効果的な食材の代表は、硫化アリルが多く含まれているニラです。焼きそばやラーメンの具、レバニラや野菜炒め、餃子など、使い勝手の良い野菜ですから、冷蔵庫に常備しておきたいですね。

7.更年期などによるイライラを鎮めたい女性が取るべき食品

50代前後は、更年期障害がもっとも辛くなる時期。いつもと違う自分に戸惑いながらも、イライラする気持ちが抑えられない女性が多いでしょう。

「ホルモンの問題ですから、時が過ぎるのを待つしかない」

そう考えているかもしれませんが、ただ待つだけでなく、イライラをしずめる方法があります。それが、酸味の強い食材を摂る、という方法です。

トマト

梅干しやレモンなども酸味がありますが、これらは大量にたくさん食べるのが難しい食材でもあります。そこでおすすめなのがトマトです。

プチトマトを冷蔵庫に入れておけば、いつでもさっとつまむことができ便利ですよ。

トマトの種に含まれる酸味が、イライラをそっと取り去ってくれるのですが、生の酸味が苦手……という場合は、ホールトマトやカットトマトなどの缶詰を利用してもOKです。

8.まとめ

50代からも元気でいるための食材、お悩みのタイプ別にご紹介いたしました。

どの食べ物も、毎日の食生活へ取り入れやすいものばかりですから、これを機に普段のレシピを見直してみてはいかがでしょうか?

今回取り上げた以外にも、ミネラルを手軽に摂取できる全粒粉や、足りない栄養を補給してくれるジビエ料理も50代からの食事にはおすすめです。

ホームベーカリーを利用して、全粒粉パンを焼けば、毎朝美味しい手作りパンを食べながら、老化防止できます。ホットケーキ粉やクッキー粉に混ぜても美味しいですよ。

ジビエ料理は人気があり、全国的に専門店が増えてきました。気軽に購入できるインターネット通販サイトが増えていますから、新しい味にチャレンジしてみるのも面白いですね。

普段と異なるタンパク質を摂ることで、身体が元気になっていくのが分かるでしょう。

もちろん、毎日の食生活のバランスを考えたり、早寝早起きや適度な運動を行ったりするのも大切です。レシピを考えたり、手を動かして料理を作ったりするのは、脳の活性化にもつながります。

「50代だからいつもの味……」

ではなく、美容健康に良い食材を加えながら、レパートリーをどんどん増やして、身も心も元気いっぱいに過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です