40代におすすめの人気アイシャドウ10選!種類から使い方まで解説

目元を美しく見せるために大切なメイクアイテム、アイシャドウ。40代の目元は小じわやたるみなどからメイクするのが難しく、上手くいかないことも多くなってきます。

そんなときに使いたい人気のアイシャドウを集めました。

また、小じわやたるみを目立たせない大人の魅力を引き立たせるアイシャドウの使い方についても解説していきます。

人気のアイシャドウを使って正しくメイクをすれば、「40代だから…」と諦めなくても美しくなれるのです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

記事の監修&専門家

rie satoh

メイクアップアーティスト兼講師。20年以上テレビ雑誌、芸能系の仕事で活躍。

40代の正しいアイシャドウの使い方とは?

40代の目元には、たくさんの悩みが詰まっています。たとえば、小じわやたるみ、くすみなどは多くの女性が悩む肌トラブルと言えるでしょう。

そんな小じわやたるみ、くすみを目立たせず、逆に大人の魅力を引き立たせるメイク術をご存知でしょうか?

アイシャドウは使い方次第で、セクシー系からふんわりかわいい系まで、雰囲気をがらっと変えることができます。

正しい使い方を知って、もっともっと目元メイクを楽しんでみませんか?

小じわを目立たせないメイク術!アイシャドウの色に注意

目元メイクをすると、時間が経つにつれて目元の小じわにアイシャドウが入り込み、小じわがより目立ってしまう事態に。

そんな時には、色に注意して使うアイシャドウを選ぶのがおすすめです。

小じわを目立たせない色は、ヒトの肌の色に近い「ヌードカラー」と呼ばれる色だといわれています。

ヌードカラーは、ベージュ系やブラウン系などのことで、アイシャドウとして最も多く使われている色でもあるので気を付けやすいのではないでしょうか。

また、メイク前の前のひと手間でシワを目立たせなくするアイテムも。

ミゾピーンポイントを使えば、皮膚をピンと張らせることでシワを目立たせなくし、保湿効果も高いことからおすすめしたいアイテムです。

これを使って物理的にシワを目出せなくしたあとに、ヌードカラーで自然に目元をカバーすれば、若々しくはっきりとした目元を演出することが可能です。

たるみを目立たせないメイク術!オレンジ系カラーがおすすめ

目元のたるみを目立たなくするには、ハリと弾力がある目元に見せるのがおすすめです。

オレンジ系カラーのアイシャドウは、目元をはっきりさせて「ハリ感」を演出してくれるので、目元のたるみが気になる方はオレンジ系のカラーを使って見ると良いでしょう。

パール入りならなお輝いて見えるので効果的です。

また、目元のたるみは目元メイクをヨレやすくさせてしまう原因ともなるので、アイシャドウ前のひと手間としてパウダーやアイシャドウベースを使用するとヨレにくくなるのでおすすめです。

目元のくすみを目立たせないメイク術!パール入りアイシャドウを活用して

40代になると目立ってしまう目元のくすみ。目元のくすみには、輝いて見えるパール入りアイシャドウを活用してくすみを飛ばすのが良いでしょう。

また、カラーは暗めのものよりもライトベージュなどのイエロー系の明るいものを選ぶようにするのがおすすめです。

明るい色はくすみを飛ばしてくれるので、ふだんのスキンケアでくすみをケアしつつ、メイクの時はくすみを飛ばしてカバーするようにしましょう。

もしくは、くすみを活用してアイシャドウのように生かすというのもひとつの手段です。

くすみのタイプによってアイシャドウの色を選び、薄く載せれば厚化粧感のない素肌感を生かしたメイクにすることができます。

アイシャドウの種類一覧!目元の悩みによって使い分けよう

アイシャドウにも種類があることをご存知でしょうか?近年、パウダータイプやクリームタイプだけではなく、さまざまな種類のアイシャドウが販売されています。

シワやたるみなど40代の目元の悩みによって、アイシャドウの種類を使い分けるときれいな目元に仕上がります。

自分に合うアイシャドウの種類を知れば、目元悩みも気にならなくなるかもしれません!

パウダータイプ

一番メジャーなのがパウダータイプ。ほとんどの方がこれを使っているのではないでしょうか?

パウダータイプのメリットは、なんと言ってもその手軽さ。持ち歩いてささっとチップで塗りなおすだけできれいに化粧直しができます。

また、単色のみのものもありますが、同系色のカラーが4色程度一緒に入っている場合もあるので、手軽にグラデーションアイメイクができるのも嬉しいですね。

ただ、目元が乾燥しやすい方はパウダータイプだと乾燥して出てきた小じわなどにパウダーが入り込み、小じわが目立ってしまうことも。

オイリー肌などアイメイクがヨレやすい方にはさらっと肌に馴染むのでヨレにくく、おすすめしたいタイプです。

クリームタイプ

発色が良く、肌馴染みも良いので、パウダータイプの下地のような感覚で使うと良いでしょう。

乾燥しやすくてパウダータイプだと老けて見えてしまう方も、クリームタイプなら浮かずにしっかり乾燥をカバー。

デメリットはヨレやすい点ですが、仕上げにパウダーなどで蓋をしてあげるとヨレにくくなるのでおすすめです。

発色が強すぎるとキツい印象になってしまうので、ナチュラルにしたいときは指で軽くトントンと載せてあげるとよいでしょう。

リキッドタイプ

液体状のアイシャドウで、肌にしっかり密着し、ヨレにくく高いキープ力を持つのがリキッドタイプです。

ただ、塗るのに少しテクニックが必要なため、中~上級者向けのアイテムだといわれていますね。

一件リップグロスのように見えるリキッドアイシャドウの見た目がかわいいので、持ち運ぶのも楽しくなりそう。

かなり発色が良いので強めのメイクをしたいときに使うといいかもしれません。

近年は、アイライナーの代わりとして使う方も増えているそうですよ。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのアイシャドウは、アイホール全体に使うというよりはアイライナーのように目の際に入れるポイントメイクのような役割を果たすのが主です。

ぼかしてアイホール全体にグラデーションを作ることもできないことはないですが、難しいというのが正直なところ。

ただ、メイク直しの時にチップがなくても手軽に色を乗せられるので、1本持っておけば便利ですね。

くすんだりたるんだりして何だか目元がはっきりしないなというときに引き締めの意味として目の際に入れると目元がはっきりします。

ジェルタイプ

大きめなパールが入っていることが多いジェルアイシャドウは、40代には少し派手すぎるかなという印象。

ヨレやすさも気になりますし、目元がキラキラしすぎてキツめの印象が強くなってしまいます。

ただ、華やかさを出すならとってもおすすめ。パーティや結婚式などの華やかさを出したいときに使うと良いでしょう。

ヨレやすさも、仕上げにパウダーで蓋をすればそれなりにはヨレにくくなります。

それでもやわらかすぎてヨレてしまいますので、こまめに目元をチェックするようにしましょう。

40代におすすめの人気アイシャドウ10選

40代という大人の魅力を生かしたナチュラルなメイクをしたい方必見のナチュラルなアイシャドウを集めました。

主にベージュ系やブラウン系のアイシャドウや、薄付きで素肌感優先のナチュラルアイシャドウをご紹介していきます。

素材を上手く生かしたナチュラルメイクながら、しっかりと映えるアイシャドウが欲しいという方は必見です!

ルナソル スキンモデリングアイズ

ベージュを基調としたナチュラルな4色のカラーが素肌そのものの美しさを際立たせてくれるルナソルのアイシャドウです。

 

ベース込みの4色入りなので自然できれいなグラデーションを簡単に描くことができ、ナチュラルなのにしっかりと目を映えさせてくれるのも嬉しいポイント。

 

透明感のある済んだ色が肌に馴染みやすく、輝くようなツヤ感が目元を自然にはっきりさせてくれます。塗りたてのきれいが長持ちするキープ力の高さも魅力です。

 

気になる価格は、5,000円。全2種類で、ベージュを基調にした「01 Beige Beige」と「02 Beige Orange」から、自分に合ったカラーを選びましょう。

ちふれ グラデーションアイカラー(チップ付)

4色入りできれいなグラデーションを自然に描けるアイシャドウです。

 

クリームタイプのアイシャドウベースがしっかりとまぶたにフィットし、アイシャドウのもちと発色を良くし、立体的な目元を演出します。

 

たるんだ目元も立体的に見せてくれるので引き締まって見えるので、若々しい印象を持たれることも。

 

なのにほんのり薄付きなので「メイクしてます!」って感じがあまりでないのも嬉しいポイントですよね。

 

気になる価格は、驚きの580円。コスパ高めでリピートしやすいのでおすすめです。カラーの組み合わせも5種類あるので好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

ソフィーナ オーブ ブラシひと塗りシャドウN

ブラシひと塗りシャドウNの11番、ブラウン系のカラーはナチュラルで華やかな仕上がりに。

 

ひとつひとつのカラーを自分で塗ってグラデーションを作るのではなく、ブラシで一気に3色を濡れば自然ときれいなグラデーションができるのでお手軽です。

 

SC02番のシースルーベージュはヌーディーな仕上がりで大人の魅力を際立たせます。

 

とにかくナチュラルなメイクをしたいときはブラウン、ナチュラルだけど上品な仕上がりにしたいときはシースルー

ベージュを使うと良いでしょう。

 

気になる価格は、3,700円。ブラウンやシースルーベージュ以外にもカラーバリエーションはありますので、好みに合わせて選ぶのも良いですね。

エレガンス アイカラー フローデュウ

しっとりとしたクリームタイプのアイシャドウで、みずみずしさのあるつややかな仕上がりに。

 

ブリリントブラウンというカラーを薄付けすると、ツヤ感とナチュラルさを両立させた大人の美しさを演出してくれ

ます。

 

肌馴染みも良いので薄付きでもよく伸び、厚化粧感のない透明感のある仕上がりに。

 

クリームタイプなのでアイシャドウベースとしても使用でき、パウダーの持ちを良くしてくれる効果も。

 

気になる価格は、1,800円です。5色展開の単色アイシャドウですが、ナチュラルメイクならブリリントブラウンかホワイトゴールドをおすすめします。

ドルチェ&ガッバーナ パーフェクト モノ

色持ちがよく、塗るのが簡単なクリーミーなテクスチャーのクリームアイシャドウです。

 

おすすめはマットタイプの30。マットで大人の魅力たっぷりのはっきりとした目元に。なのに厚塗り感もなくナチュラルです。

 

目元のくすみが気になる方は、アイシャドウベースとして

パールの10を使って見ると良いでしょう。

 

程よい大きさのパールがくすみを飛ばしてアイシャドウ本来のカラーをはっきりと映えさせてくれます。

 

気になる価格は、だいたい4,000円ほどで購入できるようです。カラーバリエーションもたくさんありますので、ナチュラルメイク以外にも色を使ったメイクをしてみたいときには試してみても良いでしょう。

CHANEL レ キャトル オンブル 4色アイシャドウ

発色の良いパウダータイプのアイシャドウです。かなり濃い目の発色ですが、ほんのり薄付き程度に塗るとナチュラルなのにはっきりとした目元を演出できます。

 

カラーバリエーションが豊富で、ブラウン系だけでも何種類かあるので、自分に合ったカラーを選んでみると良いでしょう。

 

おすすめは「226-ティセリボリ」。かなり濃い目のブラウンですが、薄塗りすることでちょうどよく目元を映えさせてくれますよ。

 

肌馴染みが良く、薄付きでも発色が良いので一度の使用であまり減らず、長持ちするのも良いですね。

 

気になる価格は、6,900円。メイク直しも手軽に行えるチップ付き4色入りです。

TOM FORD BEAUTY アイカラークォード

きらきらと輝くパールが派手過ぎず上品で、肌馴染みの良い良質なパウダーが目元を美しく仕上げてくれます。

 

豊富なカラーバリエーションの中でもおすすめは、ゴールデンミンクかディスコダスト。

 

くすみを飛ばす明るい色のラメ入りアイシャドウが目元のくぼみやくすみをしっかりカバーしてくれます。

 

気になる価格は、9,936円とかなりお高めな値段設定になっていますが、その分発色やノリ、機能性が良いので重宝す

ると口コミでは大絶賛。

 

派手めなカラーも用意されていますので、たまには遊び心のあるメイクがしたいという方も試してみると楽しいですよ。

シュウ ウエムラ クリームアイシャドー

クリーミーなテクスチャーでまぶたにしっかりフィット。ヨレにくい高キープ力で塗りたての輝くようなツヤ感と発色が長持ちします。

 

クリームタイプのアイシャドウですのでアイシャドウベースにも。

 

ただ、ナチュラルメイクをしたい方なら単品使いがおすすめ。ほんのり薄付きなブラウンが目元をはっきりさせてくれるので単品使いでも十分です。

 

カラーバリエーションも豊富で、ブラウン以外にもピンクやゴールドなどくすみを飛ばしてくれるカラーも。アイボリーはハイライトとして使ってもいいですね。

 

気になる価格は、2,800円。薄塗りでもナチュラルに発色してくれるので一度に使う量が少なくて済み、長持ちします。

アディクション ザ アイシャドウ

アディクションザアイシャドウ

アディクションの「ザ アイシャドウ」は脅威の99色展開で、くすみや色ムラ、シワなど目元の肌悩みに合わせて自由自在にカラーを選ぶことができます。

 

40代におすすめなのは、ピンクベージュ系かイエローベージュ系、もしくはマットブラウン系から選ぶこと。

 

派手めなピンクやパープルは浮いて不自然に見えてしまうのでおすすめできません。

 

ただ、同じピンクでもピンクベージュ系ならくすみを飛ばしてくれる効果があるので、くすみが気になる方はおすすめです。

 

イエローベージュやマットブラウンは、自分の肌の色に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

気になる価格は、2,160円。薄塗りでも発色や持ちが良いのでコスパは高めだと思います。

NARS ベルベットシャドースティック

携帯に便利なスティックタイプのアイシャドウ。扱いの難しいスティックタイプですが、肌にすっと馴染んでヨレにくいので使いやすいです。

 

手軽にメイク直しができるので、1本持っておくととっても便利なアイテムです。

 

クリーミーなテクスチャーでにじみにくく、しっかり肌にフィットして発色も文句なし。

 

アイシャドウベースとしてパウダーアイシャドウと合わせても使えますし、ブラックやブラウンならアイライナーとしても使えます。

 

気になる価格は、3,456円。ペールゴールドやピンクシャンパンはくすみが気になる方にはぴったりのカラーです。

まとめ

目元の肌悩みが気になり始める40代。アイシャドウは使い方によってはシワやくすみを逆に目立たせてしまうことも。

自分に合ったカラーや正しい使い方をすることで、目元がはっきりと映え、大人の魅力を格段に際立たせることができるのです。

できることなら、素材を活かしつつナチュラルで厚化粧感のないすてきな目元を演出したいと思う方も多いはず。

正しい使い方を知ったら、人気のアイシャドウを試してみて、自分に自信を持てる楽しい毎日を送ることができたら嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です