ニキビ跡のクレーターは嫌だ!即効性のある治療方法やセルフケア情報

思春期から大人になっても悩まされるニキビ。そのニキビがやっと治っても、ニキビの跡が残ってしまうことがあります。

ニキビ跡は炎症があるニキビよりも治りにくい場合が多いですが
しっかりと適切な治療を行うことで、ニキビ跡を消したり薄くしたりすることはできます。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は大きく分けて、

  1. 色素沈着
  2. 赤み
  3. クレーター

の3種類があります

①の色素沈着とは

お肌の代謝機能が弱まることにより、ニキビの炎症が治まった後も赤みやシミが皮膚表面に残ってしまった状態です。

②の赤みは

通常ニキビが治れば消えるはずですが、ニキビの触りすぎなどで赤みがなかなか消えずニキビ跡として残ってしまうこともあります。

③のクレーターは

ニキビ跡の中で最も治りにくく目立ちます。

ニキビ跡の中でも一番隠すのが難しく治りにくいため、最も厄介だといえるでしょう。

では、クレーターとはどのような状態なのでしょうか。

クレーターとは

クレーターとは、もともと月面のデコボコした様子を言います。

ニキビができた際、その部分の皮膚組織が破壊されて真皮層や皮下組織まで傷ついてしまうと炎症がおさまって皮膚組織が収縮したときに皮膚表面が陥没してしまうことがあります。

そのため、ニキビの炎症自体が治ってもその跡が陥没してお肌の表面がクレーターのような状態になるのです。

クレーターになるかどうかは、炎症のあるニキビができた範囲や炎症の強さ、炎症を繰り返した回数などが影響してきます。

治療法

クレーターの治療は自力で治すのは難しいです。クレーターには、ピーリングとレーザーを使った治療法が有効です。

ピーリング

まず1つ目に、病院やエステでできるピーリングがあります。

フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を皮膚に塗り、
毛穴に詰まった皮脂や表皮の古くなった角質を化学的に除去することで、肌を生まれ変わらせる治療法です。

ピーリングをすることで乱れたターンオーバーを正してメラニンの排出やクレーター跡を改善します。

ニキビ跡以外にもシミ、くすみも合わせて改善することができることから
多くの人に人気の方法として知られています。

レーザー

レーザーを使った治療の種類は7種類ほどあります。

その中で最もおススメの治療は、炭酸ガスを使用する「フラクショナルレーザー治療」です。

フラクショナルレーザーは、直径約0.12mmの小さな穴をお肌の表面に無数に開け、その小さな穴を治そうとすることで、お肌の細胞分裂が活発になる治療です。

フラクショナルレーザーとは

直径約0.12mmの小さな穴をお肌の表面に無数に開け、その小さな穴を治そうとすることで、お肌の細胞分裂が活発になる治療です。

活発になることにより、どんどん新しい細胞に置きかわるので、お肌も生まれ変わっていきます。

治療にかかる期間と時間

フラクショナルレーザーは1回で10~15%程度の肌が再生すると言われています。

肌再生の時間なども含め、1か月あたり1回の治療が望ましく、2回~6回程治療をすることが一般的です。したがって、初めに治療を受けてから半年ほど期間を要するでしょう。

また、治療当日は、

①洗顔やクレンジングでメイクや汚れ、皮脂をしっかりと落とします。

②希望やレーザーの強さによって、麻酔クリームなどで痛みを抑えるための麻酔をする(5分~30分)。
※レーザーレベルに個人差があるため麻酔を行わない場合もある

③照射(約5~10分)

④冷たいクーリング剤で約10分ほど冷やす
※レーザー後にお肌に栄養を与えるイオン導入がプランの中にある場合、イオン導入が終わった後にクーリングを行う

という流れですので、要する時間に個人差はあるものの最低でも1時間程度は見込んでおくと良いでしょう。

フラクショナルレーザーの金額・どこで受けられるのか

フラクショナルレーザーはクリニックによって価格が様々です。

初回のみ1万円以下で受けられるクリニックはいくつかありますが、2回目以降は1万~5万円程度が目安となります。

このフラクショナルレーザー治療は医療行為であるため、通常のエステではしていただけません。

しかし皮膚科や美容整形外科など、様々なクリニックで施術することができます。

例:湘南美容外科クリニック、品川美容外科、皮膚科

フラクショナルレーザー治療のメリットとデメリット

◎メリット

  • 針を使うため肌の奥深くから再生を促すことができる
  • 他の治療では治りにくいニキビ跡にも効果が期待できる
  • 穴を開けない部分のお肌は傷付かない分、ピーリングに比べてダウンタイムが少ない
  • ニキビ跡の凹凸の改善だけでなく、毛穴の引き締めや肌の全体的なくすみ、美白、小じわ、ちりめんじわの改善にも期待できる
  • 「毛孔性苔癬」といった二の腕のブツブツにも効果的

×デメリット

  • 従来のレーザー治療に比べれば少ないが、施術時ある程度の痛みがある
  • 個人差はあるが、赤みや小さいかさぶたのようなものが発生する場合がある
  • 何度か施術を行う必要があるため、金銭的な負担がある

デメリットとしては、痛みを感じたり施術後もヒリヒリと感じたりする方もいることです。

しかし、フラクショナルレーザーを繰り返し治療することで、キメ細やかな肌に変わり、治りづらいクレーターの改善が期待できます。

治すために普段できること

しつこいニキビ跡ですが、病院やエステでする治療だけではなく、自宅でもできることはあります。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠時間はお肌や健康に大きくかかわります。睡眠は最低でも1日6時間はとりましょう。

お肌のターンオーバーが正常にされることで、ニキビやニキビ跡が治りやすいお肌いなります。

バランスの良い食事を

自分で摂取したものがそのまま自分の体になります。栄養がある食事を心がけましょう。

お肌にいいビタミン・たんぱく質を多く摂るといいでしょう。
(卵、納豆、豆腐、レバー、ブロッコリー、にんじん等)

適度な運動

夏はクーラー、冬は気温が低く、代謝が悪いとお肌のターンオーバーもうまくいきません。軽い運動で体を動かし代謝をあげるといいでしょう。

クレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔は、お肌にとってとても重要です。

合わないクレンジングや洗顔料をしていたり、雑にしたりしてしまうと、かえってダメージを与えてしまいます。

自分にとって適切なクレンジング・洗顔を適切な方法で使いましょう。以下参照↓

肌の調子が悪い原因はクレンジング?!正しいクレンジングの選び方

正しく洗顔すれば毛穴の汚れがしっかり落ちてニキビ予防・改善になる

紫外線対策

紫外線は、お肌に大きくダメージを与えます。クレーターのニキビ跡もなかなか治りにくくなる上に、今あるニキビや色素沈着している跡がもっと悪化してしまうこともあります。

冬でも紫外線対策を怠らないことが大切です。

まとめ

なかなか消えない厄介なニキビ跡ですが、病院やエステの治療と、自宅での治療をしっかりと行うことで改善されます。

治らないからと諦めずに、早めに治療を始めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です