今すぐ止めたい顔汗!緊急時に役立つツボ6選&便利なツボ押しグッズ5選をチェック!

外出中やデート中などに突然顔汗がたれてきて、パニックになってしまう経験、ありますよね。

堂々とハンカチやタオルで拭くのは恥ずかしいし、だからといって流れるまま放置してしまっては、メイクやヘアセットが台無しになってしまいます。

こんなピンチを救ってくれるのが、全身にある“顔汗に聞くツボなんです。

バレないようにこっそり押すことで、顔汗を減らしてくれますよ。

消費者

「顔汗用のクリームや化粧品を使っている」

という方も、いざという時のために、場所や正しい押し方を勉強しておきましょう。

1.そもそも顔汗が出てしまう理由とは

暑い季節や緊張した時、更年期など、様々な理由で私たちは全身へ汗をかきます。

その中でも、一番迷惑なのが顔汗の存在ですよね。

ワキや背中など、見えない部分であれば汗パッドや肌着などで対処できますが、顔はそうはいきません。

メイクをしている場合は汗で落ちてしまうため、女性としての魅力も半減してしまうでしょう。

こんな困った顔汗ですが、一体なぜ、顔から大量に吹き出してしまうのでしょうか?

ツボ押しのポイントを抑える前に、まずは顔汗が出る理由を探り、対処法を探してみましょう。

1.1外気温

気温が高いと、人の身体は当然汗をかきやすくなります。外での仕事や満員列車などでは普段よりも顔汗が出やすくなるため、できるだけ体温を下げてあげるよう心がけると良いですよ。

  • 「冷感のものなど、涼しい素材の洋服を選ぶ」
  • 「冷たい飲み物を持ち歩き、こまめに飲んで内側から冷やす」
  • 「冷却材を首元や脇へ当てる」
  • 「外出する場合は、日なたを避け、日陰を歩くようにする」
  • 「日傘や帽子で直射日光をカットする」

このような部分に配慮すると、顔汗を減らすことができます。

オシャレや見た目を優先して、顔汗対策を行っていない方を多く見かけますが、身体を冷やしたり、暑さから守ったりことで得られる顔の爽快感は特別なもの。

周囲の目を気になる人こそ、流行りのファッションやメイクにプラスして、汗をかきにくい自分をプロデュースしていきたいですね。

1.2ストレス

心にストレスを抱えてしまうと、人は顔汗をかきやすくなります。

普段は平気なのに、発表やプレゼンなど緊張する場に限って、顔から汗がたれてしまうのはこのせいです。

とはいえ、ストレスを軽減するのはそう簡単ではありませんよね。

すぐ不安になる、緊張しやすい、というタイプの場合は、事前にシミュレーションを行っておきましょう。家族や友人など、信頼のおける相手に聞いてもらうのもおすすめです。

イライラやモヤモヤが原因になってしまっている場合は、問題解決を急ぎましょう。

一人で悩んでしまっている場合は、カラオケや好きなものを思いっきり食べるなど、趣味嗜好にあった方法で発散してくださいね。

それでも辛いくらいに思い悩んでいるのなら、第三者目線で的確なアドバイスをくれるカウンセリングに頼るのも一つの手段です。いずれの場合も、ストレスを受け入れてしまうのはなく、取り除くための一歩が重要ですよ。

1.3自律神経の乱れ

多くの女性は、更年期を迎えることで自律神経が乱れ、顔汗が増える傾向にあります。

年齢を重ねることで起きてしまう仕方がないトラブルなのですが、だからといって顔汗を許すわけにはいきません。

アラフォーからアラフィフ世代で、ホルモンバランスの乱れを感じている場合は、女性ホルモンに近いイソフラボンが多く含まれる大豆製品を積極的に摂ったり、自分に合ったサプリや漢方を探してみたりするのも◎

ストレスと同じく、

消費者

年齢だから仕方がない……

と諦めてしまうのではなく、前向きに対処していきたいですね。

1.4食事

熱いものや辛いものを食べた後は、顔汗が出やすくなります。マイ唐辛子を持ち歩くような辛党女子が増えていますが、

消費者

今日は絶対に顔汗をかきたくない!

という時は、ぐっと我慢してくださいね。

大切な用事の前には、身体を冷やしてくれる夏野菜や、内側から冷却効果が得られる冷たい飲み物、シャーベットなどを摂るのがおすすめ。

外食の予定が場合は、豆腐サラダなどや冷製パスタなど、とにかく冷たいにこだわると、顔汗を抑えられますよ。

また、冷たいからと言って冷えたビールなどのアルコールは厳禁です。全身の血行が良くなり、顔汗が出てしまうため、ここぞという場面では控えるようにしましょう。

1.5運動不足

人の身体にはたくさんの汗腺があり、頭の先から足の先まで、あらゆる場所から汗が流れ出ています。その中でも額はもっとも汗腺が多い場所として知られ、顔汗トラブルを引き起こしていますよ。

心臓に近く、血行の良い場所は汗をかきやすいため、ワキ汗や背中汗に悩まされることも多いですよね。逆に、腕や脚などはあまり汗をかかないと思いませんか?

これは、運動していない人に多い傾向です。身体を嘘カス習慣がなく、汗腺をあまり使用しないことで、汗をかく役割が止まってしまっています。

ここで、

消費者

汗をかかなくてラッキー!

そんな風に思ってしまうのはNG!

機能が止まってしまった汗腺から、本来出るべきだった汗は、他の汗腺から出ることになります。その時、もっとも選ばれやすいのが汗腺の多い額なんです。

消費者

運動なんて、汗をかくから嫌……

と思うかもしれませんが、自宅でのストレッチ程度で構いません。軽く汗の流れる習慣を身につけましょう。

お風呂好きさんなら、半身浴で汗をかくのも良いですよ。一日に一度は、全身から汗が出る身体を目指すことで、顔汗の量を減らせます。

2. ツボ押しでどうして顔汗が止まるの?

消費者

原因別の対策法を行ってみたけれど、それでもうまくいかない

そんな時には、ツボ押しの出番です。人によっては、

「ツボを押した瞬間に汗が引いた!」

という声もある効き目の強いツボもあるのですが、身体の一部分を押しただけでどうして顔汗が止まるのか、気になりますよね。

そこで調べてみたところ、人の身体には汗の量を一定に保つための、反射機能があるのだそうです。

このツボを圧迫することで、押した反対側から流れ出る汗を止めることができます。

この半側発汗と呼ばれる機能を利用することで、片側の汗は止まりますが、反対側の汗が増えてしまうでしょう。

半分だけ顔汗……という残念な姿にならないように、必ず左右とも押してあげてくださいね。

その他にも、自律神経を整えるツボや、身体を冷やす効果を持つツボもあります。

汗の原因やその場所の状況に合わせて、上手に押してあげましょう。

3. 顔汗に効果的なツボ6選をチェック!

それではいよいよ、顔汗に効果のあるツボについて、詳しく解説していきましょう。

特に記載がない場合は、5秒程度を目安にぎゅっと押してくださいね。

知っているだけで、ピンチを乗り切れる、効果抜群なツボ6選に大注目ですよ!

3.1「大包(だいほう)」

顔汗対策用のツボとしてもっとも有名なのがこの「大包」です。
ワキの下から手を下ろしていき、ブラジャーのアンダー部分に触れるあたりがツボの位置です。

人前で押すのは少し抵抗のある場所ですから、トイレに立ったタイミングなどを利用して、片側2分程度、じっくり押してあげましょう。両手をクロスすれば、両方のツボを同時に押すことができます。

この方法は、半側発汗のためのツボとして知られ、舞妓さんもこの位置で帯を留め、顔汗対策を実践しています。顔汗で困ったら、「大包」へのツボ押しをまず試してみましょう。

3.2「御禊(ごけい)」

「御禊」は手にあるツボで、身体の熱を抑えてくれます。見つけ方は簡単で、手を軽く握った時に、小指の下あたりにぷくっと膨らむ部分がツボですよ。

ツボを見つけたら、手を開いた状態で押して大丈夫です。反対側の親指を使い、心地よさを感じるくらいの強さで押してあげましょう。

3.3「陰げき(いんげき)」

陰げき(いんげき)

「陰げき」は手首にあるツボで、御禊とおなじく身体の熱を取り去ってくれます。御禊の位置からさらに下へくだっていき、手首よりも指1本分くらい低い位置がツボです。

人によっては痛みを感じる場合もあるため、優しい力で押してあげましょう。眠れない時や不安を感じている時も、押してあげるとリラックスできます。

3.4「屋翳(おくえい)」

おくえい

「屋翳」は、自律神経を整えるツボです。ワキの下から中央へ向かって指を動かし、乳首の真上あたりの場所にあります。

こちらも、人前では押しにくい部位のため、一人になれる場所でツボ押ししましょう。

親指と中指を使って、左右一緒に押してもOKですよ。

更年期障害や生理痛にも効くと言われていますので、女性特有の辛さを感じた時に、押してあげると楽になれます。

3.5「合谷(ごうこく)」

合谷(ごうこく)

「合谷」も屋翳と同じ、自律神経にはたらきかけるツボです。手をパーにして甲の部分を見た時に、親指と人差し指とのコネが交わるあたりを押してあげましょう。

ホルモンバランスを整えながら、汗の量を調節できます。

その他にも、女性が悩まされがちな便秘や肩こり、更年期女性に多い高血圧などにも効くと言われていますので、定期的に押してあげると毎日の健康維持につながりそうですね。

3.5「労宮(ろうきゅう)」

労宮(ろうきゅう)

「労宮」は、自律神経やストレスによる身体の乱れを正してくれるツボです。手のひらの中心部にあるのですが、探す場合は手を握ってみましょう。握った手の中指と薬指の間あたりが「労宮」ですよ。

押す時は、反対の手の親指を使うと便利です。ちょっと休憩しながら、メールをチェックしながらなど、いつでも押しやすい部位ですから、ツボ押しの習慣をつけておくと良いですね。

4.ツボ押しに便利なグッズが知りたい!

空いている時間に気軽に押せる、便利な顔汗対策であるツボ押しですが、自分で押すのはちょっと大変な部位もありますよね。

上手にツボ押しするために便利なグッズを手に入れて、より効果的に汗を止めちゃいましょう。

1.オフィスにあるだけで癒し!ネコ型ツボ押し棒

もみねこ ネコ型マッサージ

可愛い猫ちゃん型のツボ押しアイテムは、バッグに忍ばせたり、デスクに置いておいたりするだけで、瞬間癒される商品。カラフルなラインナップから好きなカラーを選べる点も人気ですよ。

一つ持っておくだけで全身の疲労を軽減できるツボ押し棒。顔汗対策だけでなく、全身のツボを押したくなること間違いなしです!

2.天然木マッサージ棒

とことんシンプルな天然木のマッサージ棒は、ナチュラルスタイルが好む男女から支持を集めている商品。お手頃価格で購入できる点も魅力ですよ。コンパクトなので、バッグに入れておけばいつでもどこでも顔汗対策ができちゃいます。

人間工学に基づいたオカリナ型の形状は握りやすく、狙ったツボを外しません。使い心地にこだわるなら、天然木を選んでみましょう。

3.激ツボール

激ツボールは、ツボ押しのプロが監修して作られたアイテム。全体のでこぼこで全身のツボをしてくれますよ。

顔汗対策用の「大包」や「御禊」など上半身部分は、初めてだとなかなかツボを捉えづらいですよね。そんな時も激ツボールを寝かせてゴロゴロしたり、縦に持ってツボ付近をぐりぐりしたりすることで、ツボへ辿り着きやすくなり便利です。

4.ツボギュット

「ぱっと見ただけではツボ押しグッズに見えないアイテムが欲しい」
それなら、シンプルでおしゃれなデザインをしたツボギュットがおすすめです。
ピンポイントで押すことが多い顔汗用のツボを、しっかり圧迫してくれますよ。

縦の溝部分を握ることで、手のひらのツボを刺激することもできます。休憩中に、コーヒータイムに、にぎにぎしながら顔汗対策しちゃいましょう。

5.脳活テトラ

キュートなテトラ型のアイテムが、手のツボを刺激してくれる脳活テトラ。
全身のツボ押しに使用できるのはもちろん、空いた時間に片手で入れ替えることで、脳トレもできるんです!

携帯用のポーチが付属しているから、持ち運びも便利ですよ。顔汗を防ぎながら、脳も活性化できるアイテムで、元気な毎日を送っちゃいましょう。

5.まとめ

「制汗アイテムを忘れてしまった」
「いつもの顔汗対策化粧品が切れてしまった」

そんなピンチも、自分の指さえあればできるツボ押しが、強い味方になってくれます。

最初は痛みを感じたり、うまく押せなかったりしますが、毎日継続することで、自然となれていきますよ。空いた時間に自然と手がツボへ向かうようになったら、もう完璧!

顔汗だけでなく、体中を元気にしてくれるツボが多いのも嬉しいですね。

日々の疲れを取りながら、涼しい顔をキープしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です