そのニキビは毛穴の詰まりが原因?毛穴とニキビの関係性を知って改善しよう

「しっかりとスキンケアをしているのにどうしてできるの?」と、ニキビに悩む人は多いのではないでしょうか。

ニキビ用のスキンケアはある程度試しているにもかかわらず繰り返しできるニキビにはもううんざりしますよね。

しかし、改善しようと懸命にしているスキンケアや良かれと思ってやるケアがさらにニキビを悪化させてしまっているかもしれません。

そこで、ニキビができる原因を知り、根本的な部分から改善しませんか。

1.ニキビができる原因

ストレス・偏った食事・不規則な生活・紫外線…などなど、ニキビができる要因は様々です。

女性の場合、生理によるホルモンバランスの崩れもニキビに大きくかかわっています。

しかし、必ずと言っていいほど、ニキビには「毛穴のつまり」が深く関係しているのです。

逆に言えば、「毛穴のつまり」が改善されることで、ニキビができる原因は減り、ニキビができにくくなるといえます。

2.毛穴とニキビの関係性

思春期は、皮脂が多く分泌されるため毛穴に汗や汚れが詰まり、炎症を起こすことでニキビができてしまいます。

また、20代からの「大人ニキビ」と呼ばれるニキビも、毛穴のつまりが主な原因としてあります。しかし、その要因がいくつか分かれています。

身体的要因

「過度の緊張」「睡眠不足」「ストレス」「疲労」

これらはどれも社会人として起こることであり、副交感神経と自律神経のバランスが崩れる原因になります。

このバランスが崩れることで、副腎皮質ホルモンが多量に出ます。
すると男性ホルモンが増え、皮脂分泌力が過剰となり、毛穴がつまり、ニキビが出来やすくなります。

生理前に分泌される黄体ホルモン

生理前に分泌される黄体ホルモンも、皮脂分泌を活発にします。

さらに生理前でイライラして神経のバランスが崩れたり、甘いものや暴飲暴食をしてしまったりする方は、皮脂分泌力を活発にする傾向があります。

外的要因

古い角質やメイクの汚れがとれていない

肌本来がもつターンオーバー(肌の周期)が正常でないと、古い角質がとれず、肌表面に残ってしまいます。また、メイクが十分に落とされず残ってしまうと、2つが混ざり合って角栓となり、毛穴が詰まってしまいます

皮脂の過剰分泌

本来、皮脂は肌の健康を保つために必要なものであり、皮脂膜は外部からの刺激を守るためのバリアの役割を持っています。

しかし、思春期で皮脂分泌が過剰な方や、洗顔料で汚れを落とすことだけを意識して保湿をしっかりと行っていない場合、肌は水分やバリアがない状態になり、肌を守ろうと皮脂を分泌します。

この時、皮脂が過剰に分泌されることで、余分な皮脂や角栓が毛穴につまるという事態が発生してしまうのです。

乾燥

先ほどの保湿が十分でない場合やエアコンの風が原因で肌が乾燥すると、うるおい不足から肌は硬くなりゴワつきます。

肌が硬くなると当然毛穴周りも硬くなるため、汚れが取れにくく毛穴に詰まりやすくなります。

このように様々な原因から、皮脂分泌が盛んになり、毛穴のつまりが起きて炎症することで肌の表面上にニキビとして現れるのです。

3.毛穴つまりを解消する正しいスキンケア

毛穴のつまりを解消するために一番大切なことは、「汚れをしっかりと落とすこと」です。

つまり、「クレンジングと洗顔を正しい方法で行うこと」が重要なのです。

世の中には乾燥を防ぐために洗浄力が弱い洗顔料やうるおいを残すメイク落としが多く存在します。

しかし、本来の目的である「汚れを落とす」という役割を果たさず、それが原因で肌トラブルを起こしている可能性があります。

美容液をたっぷり使ったり、毛穴パックなどの新しいケアを追加したりする前に、基礎であるクレンジングや洗顔を正しく選び、正しい方法で毎日きちんとケアを行うことこそが美肌への一番の近道なのです。

また、しっかりと汚れを落としたあとは、保湿を必ず行うこと。

そうすることで水分と皮脂のバランスがとることができ、毛穴のつまりが原因でニキビができることが無くなります。

4.肌のためにしてはいけないこと

顔を触りすぎる

肌は非常に敏感なので、念入りにスキンケアをして肌を触りすぎると摩擦が起こり、肌荒れやニキビの原因となります。

顔のマッサージをする場合は、クリームやオイルをつけるなどして極力肌への刺激を避けたほうがいいでしょう。

日焼け止めを塗らない

ニキビやシミの原因になる紫外線はお肌にとって天敵といっていいでしょう。紫外線は室内でも、曇っている日でも出ています。

お肌のためにファンデーションをしないという方もいますが、その場合でも日焼け対策はしっかりとしてください。

お肌のテカリや皮脂を気にして洗いすぎるor保湿をしない

お肌がベタつくのを恐れ、一日に何度も洗顔をしてしまうのはNGです。多くても朝と夜の二回だけにしましょう。

また、ニキビ肌の人が油分を避けるため、洗顔後に保湿を何もしないのもかえって逆効果です。洗顔後のデリケートなお肌に保湿をしないと、お肌が乾燥状態になります。

乾燥もニキビの原因になりますし、乾燥するとお肌が守ろうと皮脂を出すため、余計にテカりが目立ったりニキビが悪化したりします。

洗顔後のお化粧水を塗ったあとはきちんとクリームなどで保湿をしましょう。

まとめ

不規則な生活やストレスを感じることをできるだけ避けることも大切ですが、働いているとどうしても避けられないこともあります。

その際に「ニキビのできにくい肌環境」を作っておくことで、ニキビの発生・増加を防げます。

まずは、汚れを落とすクレンジング・洗顔料選び、洗顔方法を見直すことから始めてニキビゼロ肌を目指しませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です